体系立った知識を下敷きにしないと議論が進まない領域について

2016.02.23 思考・つぶやき
Pocket

・比較的難度の高い議論を口頭でするほど、非生産的なものはないかもしれない。
・難度の高いものはお互いが議論可能な状態になっていなければ不毛であり、その為には議論の下敷きに何を使うかの目利きが重要になる。
・Web上にある体系立った知識。
・または、書籍にある体系立った知識。
・すでに経験をしている外部の有識者の知識。
・概ねどれかになる。

・ただ、下敷き選びは容易ではない。
・常にアンテナを張り、思いつきではなく議論の下敷きになりうるレベルの情報をストックしておく事が重要になるのだろう。
・と最近改めて思ったのでメモ。

・情報に新規性はないので価値は限りなく少ないが、一部の人の『共感』だけ得られれば嬉しい。

思考・つぶやき 関連の記事を個人のローカルメモをそのままアウトプットしています。
   詳細はこちら:CEOブログの活用方法を模索します

Pocket

株式会社Speee 代表取締役
大塚 英樹

TAG